Home • お医者さんや看護師さんが忙しいのはわかりますが

お医者さんや看護師さんが忙しいのはわかりますが

家族が病気になったときから、同じお医者さんにみてもらっています。その先生がいるのは地元の総合病院で病床数もけっこうあり、地域の中心的な病院です。私の親は、脳神経内科に外来で通っています。

しかし、待ち時間が長く、いつも2時間以上は待たされます。もちろん、予約した時間に行っています。他の先生はどうかというと、待ち時間はほとんどないようです。

脳神経内科に通っている人は、重症な人が多く、ご高齢の方が多いことも関係しているのか、人によっては、30分以上も診察している場合もあります。私の親の場合、症状が変わらない場合には、いつも二、三分で診察が終わります。処方箋をもらって、院外薬局で薬をもらうのですが、薬は自分で管理できないため、私が管理しています。

薬局で分包するのが、とても時間がかかるので、その日は丸一日、自分の仕事はできません。診てもらっている先生は、とても良い方なのですが、前にこの病院に親が入院して、退院した後に、再び外来で診察してもらったときに、今まで飲んでいる薬と、まったく違う処方をされたことがありました。忙しいから、仕方がない、という言葉では、すまされない状況でした。

薬の管理は私がしていたので、処方箋をもらったときに、いつも確認する癖がついていたので、たまたま発見できたのです。薬の管理を家族がしている人でも、薬の内容まで管理するのは大変です。中にはまったく気づかずに、違った薬を飲み続けてしまう人もいるかもしれません。

あと、看護師さんのことでも、ちょっと気になることがあります。世間的には、同じ病院だからなのか、管理が徹底していないからなのか、わかりませんが、この病院は、カルテをまったく見ない看護師さんが多いようです。もう十回以上、その病院に入院しているので、カルテには、痴呆の症状がある、ということは、書かれているはずです。

診察の前には、いつも血液検査や血圧などを測るのですが、顔見知りの看護婦さんだったら、カルテをみないでも、私の親が痴呆の症状があることがわかっているので、親切に対応してくださるのですが、中には、ろくにカルテを見ていないのか、生年月日を何度も確認するなどして、私の親の機嫌が悪くなることがあります。そんなときに、採血をしようとするものですから、嫌がって暴れてしまう日もあります。

忙しいのはわかりますが、そこは最低限、ちゃんと確認してほしいです。